NICUで働く看護師の1日

mjnhyuusf

NICUでは、様々な問題を抱えたリスクの高い新生児を
集中治療し、管理しています。

看護師は24時間交代で、異常がないかずっと観察しています
他の職員との情報交換をこまめに行うということも、
非常事態に対応するためには不可欠となります。

 

保育器を母体の胎内に近い状態で保ちつつ、
人工呼吸器を使用している新生児には、その管理も重要となります。

心音や体温などの検診や、身体測定といったことも行います。

 

母親の代わりに、授乳したりオムツ交換をしたりすることも大切な仕事です。
自分で排便が出来ない場合などには、排便を促す処置を行ったり、
投薬などといったことも必要に応じて行う事になります。

 

NICU看護師の1日のスケジュールの一例を見てみましょう。

【午前】

9時頃に担当医の診察が行われます。
その後、母親によって授乳が行われますが、
上手くいかない場合には看護師がお手伝いします。

12時と15時には、授乳室で母親のおっぱいの練習があります。
これは看護師が指導を行っていきます。

 

【午後】

13時から16時には、面会時間があります。
窓越しの面会を案内したりするのも、看護師の仕事です。
新生児は容態に応じて保育器から出してあげて、コットで過ごすことになります。

14時には両親による沐浴の練習が行われます。
練習がないときには看護師が沐浴を行っていきます。
お風呂に入れない場合には、清拭を行います

 

【夜間】

21時以降に、昼間と同じく3時間ごとに授乳を行っていきます。
NICU全体を暗くして、新生児がゆっくりと休めるようにします。

親からしてみると、限られた面会時間は大変短く感じるものです。
離れている間はとても不安で、気になって仕方がないものですよね。

NICUで働く看護師は、こども達の様子をノートに書き、
両親の来院時に渡したり、電話などでもケアを行っているんですよ。